【2019年】春に着こなしたいトップスとは?

by titivate, 2019-01-03

前後2wayで着用できるライトニット
春になると気温も暖かくなり、華やかな雰囲気がにつつまれる季節です。

おしゃれをして出かける機会が増える方も多いのではないでしょうか?

2019年春のトップスは女性らしさを演出するためのマストアイテムです。

コーディネート選びの参考にしてみて下さい!



2019年春おさえておきたいトップス

2019年春コーデのトップスでおさえておきたいトレンドカラーは、パステルカラーよりも淡いペールトーンです。

淡いペールトーンを用いたトップスは、甘くなりがちな春のコーディネートをスッキリと女性らしく見せてくれますよ!

今季のトレンドには「チェック、ストライプ、ドット、プリント柄」などの柄物も入っており、昨年に引き続き花柄もトレンド入りしています。

爽やかな色味だけでなく、柄物を取り入れることも2019年の春のトップスのトレンドです!


大人女子も着やすいスウェットプルオーバー

同色系でプリントされたロゴデザインがポイントの裏起毛スウェットプルオーバー
写真:ロゴプリント起毛スウェットプルオーバー


2019年春のトップスは、季節特有の寒暖差に備えて薄手のものと厚手のものがあります。

上着を着るほどじゃないけど、ちょっと肌寒い日にはプルオーバーがおすすめです。

服の内側に起毛があるタイプのプルオーバーは、温かい上に柔らかく着心地が良いのが特徴です。

プルオーバーというと、若い女性向けのように感じるかたもおられるかも知れませんが、デザインや色味次第で大人の女性向けなトップスとなります。


メローリブで爽やかな女性らしさを演出

袖口と裾に施したメローロックが女性らしい印象のカットソープルオーバー
写真:ラグランスリーブメローリブトップス


2019年春にチェックしておきたいトップスの一つとして、ラグランスリーブメローリブトップスがあります。

ラグランスリーブとは襟首から袖の下部分へ斜めに切り替え線が入ったデザインのことで、今期のトレンドであるメローリブと組立わせることによりトレンド感とフェミンさを演出してくれます。

ボディラインに沿うスッキリとしたタイトシルエットに加えて、襟や袖先にある花びらのようなディティールは爽やかな女性らしい印象を与えることが出来ます。

パンツにもスカートにも組み合わせやすいトップスですので、色違いを複数枚用意しておいても損はありませんよ!


カシュクールで美シルエットを作ろう!

前後2wayで着用できるライトニット
写真:2wayカシュクールリブライトニット


春に相性の良い素材といえば、コットン素材です。

コットンは程よい保温性を持ちながらも、汗を吸い込むと外へ発散してくれる効果があります。

2019年春はコットンを使用したトップスもおススメです。

コットンを使用したカシュクールリブライトニットは、着物のように胸元の布がクロスして覆われているデザインのトップスで美シルエットを作り出すことが出来ます。

全体のシンプルなデザインにニットのやさしい風合いがマッチし、女性らしさが漂う1点となっています。

カシュクールリブライトニット着回しやすいデザインですので、1つあると便利な2019年の春トップスです。


開襟シャツで抜け感のある大人女子コーデ

ゆったりとしたカジュアルな雰囲気を作り出してくれる開襟シャツ
写真:開襟シャツ


2019年春のトップスには、今季のトレンドであるストライプを用いたデザインのものがあります。

このストライプの柄と開襟シャツを組み合わせることで春らしいトップスとなるのです。

また開襟シャツを着る際に、襟を少し後ろに引き下げ、フロントのデコルテ部分が見える程度にボタンを開けるだけで「襟抜き」という大人の抜け感を演出することが出来ます。

2019年春のトップスをコーディネートする際には、トレンドを取り入れつつ抜け感のある大人の女性スタイルでおでかけしてみませんか?


2019年春トップスは甘すぎない女性らしいデザインを!

2019年春に着たいトップスは、淡いペールトーンを活かしたものや柄物などのアクセントがあるもの、女性らしいディティールがあしらわれたトップスなどを選び、爽やかな女性らしさを演出しましょう!

春は大人可愛いコーディネートが楽しめる季節ですので、お気に入りのアイテムをGETして、おしゃれなコーディネートを楽しみましょう!

ご紹介した2019年春におすすめのトップスはtitivate(ティティベイト)の人気アイテム揃いですよ。

ぜひチェックしてみて下さいね!



通販トップに戻る

トップスはこちら!

※記載価格はセール等で変動する場合がございます。正しくは買い物カゴをご確認下さい。